誰でもイケメンが好き!

人は見た目で判断する!間違いない!!

私を離さないで 最終回

金曜日の夜10時は私を・・だけど終わってしまい寂しいデブです

最終回は今まで思い出が走馬灯のようにな感じで懐かしい面々が

再登場して終わりを飾っていた

瀧子先生の場面はいらないかな・・あれならもう少し陽光の最後がどうして

終わらざる経なかったのかが知りたかった

提供する運命の相手に産まれてきてくれてありがとうはない

勝手につくり人間の為に使われ何をありがとうなのだろう

一見、美談めいていたがかなり残酷なお話しではないか

それなら、クローン作製反対運動を広めた方がいいと思った


神川校長はクローン大1号 だからこそあの学校を作りより良い境域を環境を与え

学ばせてきたのにどうして閉鎖になったのかが語られていない

かなりの年月をかけて少しずつ外の人間にも変化が現れだした結果、提供を求めない人が増えたその為、恭子のように通知がこないものもいるのだろう 

ところが少しでも長く生きたいと思うその気持ちに反し残されるものにはたくさんの思い出が渡されるそれらが孤独感を募らせる

誰も取りに来ない忘れ物を預かっているような

この表現が全てを物語っているように感じた 長寿になる事が必ずしも幸せとは限らない

ドラマとしては無難な終わり方ではあったがやはりじっくり観ると上手いな~と思う

友は最後終了してしまったが結果恭子と最後まで一緒にいれて見届けてもらえた

自分の事を思い出してくれる人がいるのだからかなり恵まれた人生といえるのだろう

つまりHAPPY ENDとして幕が閉じた


 ドラマの初回に出てきたこどもたちが可愛く後半の青年期以降の役者の演技の上手さが

このドラマを数段良い作品に仕上げた事は間違いない

作品の良し悪しもあるが演じる人にもよる

時期、ドラマも役者の人選に期待したい